現代の資本主義社会で暮らしていく中での悩み 夫婦関係の悩み

ブラック企業で勤めていた夫は仕事を辞めたけれど後悔はない?

投稿日:2017年2月5日 更新日:

こんにちは、芳賀です。

ブラック企業に勤めている旦那さんをお持ちの方、仕事を辞めてほしいけど、収入面での不安もある方はどうやって旦那さんと向き合っていったらいいのか、私の体験談をもとにお話していきます。

旦那が勝手に仕事を辞めたら…

 

私の夫は、2015年のクリスマス前にアルバイトでしたが10数年勤めた会社を辞めました。

結果的にですが。。

 

よくあることだったので、

私は、

「人員が多いことによる、上級免許もないただのアルバイトである夫には仕事が回ってきていないものだな、また繁忙期には仕事に行くだろう」

と思っていました。

 

年が明けても仕事の電話はかかってこず、

こちらから電話しても出てくれませんでした。

 

その理由は、”〇〇(うちの夫)は文句を言うから”だそうです。

 

文句って何?と夫に聞いたら、

「そんなことは言っていない、夜勤の仕事は出られない、泊りでの出張も行けないと要望を述べただけ」

とのことでした。

 

果たしてこれは文句なのでしょうか?

 

子どもがいて園の行事があるから休みたいというのも会社からはよく思われていなかったようです。

だからこそ正社員ではなく、交通費補助、社会保険、すらない、福利厚生何て言葉すら通用しない会社だったのでアルバイトで生活していたのです。

 

会社は何も守ってくれていないのに、アルバイトである夫が希望を出したら仕事干されるんです。

 

ちなみにこの上司は私も知っている人で、子どももいます。

 

なのにどうしてだろう。。

 

子どもと一緒にいたいとかないのでしょうか?

 

だから私も

「そんな会社もう行かなくていいよ」

と言いました。

生活費の問題はどうする?

 

辞めたら辞めたで、生活の苦労は当然あります。

 

子どもたちのアパート借りれちゃうくらいの保育料の支払い、

 

生活費、

 

一体どうするのか…

 

でも私が優先したこと、望んだこと

は、

 

夫が少しでも心穏やかに仕事ができること、余裕のあるパパでいられることです。

 

 

父親なら稼いで当たり前!

どんなに嫌な仕事でも、結婚して親になった以上我慢して働くべき!

少なからず私もそう思います。

そう思っていた時期もありました。

 

でもそれは、社会が作り出した価値観にすぎませんでした。

 

果たしてその社会が作り出した価値観で、私が旦那さんに接することが、

旦那さんにとって、父親として、家族の柱として、

家庭にプラスの影響を与えるでしょうか?

 

お金さえ稼げば、パパの気持ちはどうでもいいのでしょうか?

 

稼いでくれさえすればパパは用無しですか?

 

違いますよね?

 

悲しすぎませんか?

 

パパの存在価値って、お金を家に入れることだけですか?

 

違いますよね?

 

奥さんから、お金さえ稼いでくればそれでいいし、

それがあなたの義務で、

それが出来ないならあなたの存在価値なし!

と思われながら、

 

奥さんに優しい言葉をかけてあげられますか?

 

そんな優しいパパいますか?

 

人間そう上手くはできていません。

 

身を粉にして働いて、自分の癒しのための憂さ晴らしに、時間とお金をつぎ込めるならまだしも、

 

労働条件、環境に妥協して働いても、家族がいたら、憂さ晴らしに回せるお金はありません。

 

家族がいたら生活していくのがやっとです。

 

そこで家族に常に優しくできているなら仏になれますよね。

 

 

ブラック企業辞めてから、さてどうやって収入を得るのか?

私が開業届を出すのと時を同じくして、夫も専従者として届を出してきました。

 

 

これからは、会社に雇われるではなく個人として稼いでいこうと。。

 

と、意気込んで、自由な未来を夢見ましたが、

 

開業後、そう簡単に依頼はありません。

毎月の安定的収入を保証するためには自分で何とかしなければなりません。

 

単にブラック企業を辞めればいいわけないのです。

 

 

外で働かないという流れができて、私の言葉通りブラック企業を辞めた夫に対して、不満がなかったか?といったら噓です。

 

こんなに家のことよくやってもらって何の不満があるのか?と言ったら、

 

即答でお金ですよ。

お金がなければ、子宝に恵まれて健康であろうと幸せを感じることは困難です。

 

人には大小さまざまな夢があります。

 

夢と言ったら大げさでも、やりたいこと、ほしいもの、たべたいもの、何かしらの欲求があります。

 

それが生きているということです。

 

でもこの、”生きていく”ということ、

 

つまり生活をすることにはお金がかかります

 

 

求める生活レベルによって必要とする金額は人それぞれ違います。

 

でもどんなに節約しようとしても、人として生きていくためには本当にお金がかかるのです。

 

 

私は3人のママです。

 

本当に悩みました。

 

夫には、法に触れず、人の道に外れていなければどんな方法でもいいから稼いでほしいと思っていました。

もし、働かない、仕事がないなどで悩んでいる奥さんたちは、

ご主人にネットの世界への道をそれとなく、教えてあげるのも手かもしれませんね。

 

 

うちの場合は、私がやった方が早いと当時は判断したので、私がまず行動しました。

夫は仕事を辞めましたが、夫があの会社に在籍し続けても未来はないと今でも思っています。

 

人を蹴落として、上司に取り入り、人の上に立ち、現場から退いて仕事の手配などのデスクワークだけ。

 

自分は部下が現場に出払った後に家に帰って昼寝。

こんな上司のもとで汗水たらして働いても何にもならないと見切りをつけました。

 

私は何の悔いもありません。

 

傍から見たら私の夫はダメな夫かもしれませんね(笑)

 

 

 

 

でもネットの世界は履歴書も見た目も何も関係ありません。

 

今見えている世界がすべてではありません。

 

ネットの世界は無限に可能性が広がっています。

 

もちろん、ネットだから片手間に稼げるなんてそんな理屈はありません。

ネットだって、お金を稼ぐのは容易いことではありません。

努力は絶対に必要です。

 

でも、努力次第でちゃんと成果が出るのがネットビジネス、個人事業主のメリットだと思います。

 

あなたが、ネットビジネスで、お金が発生する仕組みを確立してしまえば、

 

人生からお金の不安がなくなり、大切な家族と過ごす時間が増えます。

 

体調が悪ければ無理して会社に行かなくても休めます。

 

子どもの発表会があれば自分の目で子供の成長を見れます。

子どもも喜びます。

 

当時の私たちは夫婦にとって絶好のチャンスでした。

 

旦那がブラック企業を辞めてよかったと思っていますし、

個人事業主で働けど働けど稼げない経験をしたことも、

ネットビジネスに出会って勉強してきたことも

 

全て、よかった!と思えます。

あのとき、行動してよかったと思います。

 

知らない世界をまず知る

 

そこから、

やるかやらないか、

新しい道に進むか、

このまま安全な(一般的に安全とされる)道を進み続けるか、決めても遅くはないと思います。

 

「僕は本気だ!君は本気か?」

松岡修造

 

私にこんな風な別角度からのものの見方を教えてくれたのはこのメルマガ講座でした。
橋本雅アフィリエイト講座

 

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

 

-現代の資本主義社会で暮らしていく中での悩み, 夫婦関係の悩み
-

執筆者:


  1. […] こちらの記事でも書きましたが、うちの旦那さんは働いていません。会社員ではありません。家にいます。私は旦那さんと入れ替わりで外に働きに行くようになりました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

働き方改革!子育て世帯にこそ必要!?

ネットビジネスに参入しようと思って情報収集して情報商材も買ったもののほかにも買い揃えなければならないものがあって手が出せずにいた2016年10月の話です。 当時の私は政治経済に関するニュースはほとんど …

貧乏人は夢さえ見れない?排除されるのが資本主義!?

こんにちは芳賀です。 衝撃的なタイトルでごめんなさい。   今回は私に大好きなディズニーと資本主義社会では貧乏のままで、ライフステージの変化に合わせていくのは難しい。 というお話をしていきま …

人生、仕事、自己実現、子育て、今くすぶっているあなたへ

こんにちは、芳賀です。 日付が変わろうとしている今、パソコンに向かって書いています。 どうしても書きたくなりました。   ところで今、あなたは、あなたのやりたいことが出来ていますか? そして …

食品ロスが多い人は最終的に幸せになれない?

こんにちは、芳賀です。 今回は、ネットビジネスとか、稼ぐ方法とかそういったこと以前に気になることがあったのでアウトプットしていきたいと思います。 食品ロスと幸せの関係についてです。 食行動と消費行動 …

節約疲れから解放され、プチじゃない贅沢を楽しむ方法

こんにちは、芳賀です。 今回は節約疲れと節約疲れから解放されて、プチじゃない贅沢を楽しめるようになる方法をお話していきます。 目次1 節約はいいことばかりじゃない2 やりたいことをやるためには、絶対的 …

【アフィリエイトで経済的・身体的・精神的・時間的余裕を手に入れてストレスマネジメントしていきましょう】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村