ネットビジネス 現代の資本主義社会で暮らしていく中での悩み マインドセット

自分らしく働くことが出来ずに存在意義が見いだせない方の打開策

投稿日:

こんにちは、芳賀です。

やりたい仕事できていますか?

楽しいですか?

自分の存在意義を感じられていますか?

 

もしそうじゃないならこの記事で何か感じるものがあるかもしれません。

今回は、自分の存在意義が見いだせない方への打開策についてお話していきます。

出る杭打たれる日本人

あなたは、沈没船ジョークを知っていますか?

 

有名なので知っている方が多いと思うのですが、

世界中の人が乗った船が沈没しそう。でも救命ボートの数が足りません。海に飛び込むしか双方がありません。でも、海に飛び込むのはやっぱり怖いもの。飛び込むのをためらっている人になんて声を掛けたらいいのか?

そこには国民性がよく表れているというものです。

 

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローになれますよ」

イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」

フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないで下さい」

イギリス人に対して・・・「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」

日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

 

日本人は「右に倣え」「前倣え」で育っていますね。

 

「周り見てごらん。やってないのはあなただけだよ!」

 

と言われて育ち、周りと合わせる。

 

「あなただけだよ。違うことしてるのは。」

 

と言われて個性や創造性を押し込めて育ってきていると思います。

 

その中で、周りと違うことは恥ずべきことだったり、間違っていることだったり、不安定なことだと教え込まれ、

 

周りと同じことをしていれば、いい子であり、安心であり、安泰であり、正しいことだと、無意識レベルで認識してしまっています。

 

みんなが揃っていること、みんなで同じ方向を向いて力を合わせることは悪いことではありません。

協調性によって成し遂げられることもあります。

 

 

でもこの通りに生きてきて、何とも言えない違和感を感じることはありませんか?

「全体」を意識するあまり「個」には光さえ当たらない、「全体」に向けて頑張って「個」で成功できる人もいるのだから、「個」で成功できないのは自分の責任とバッサリ切られてしまうこと、、、

 

そんな悔しさやむなしさを感じたとき、唇噛んで自分の気持ちを押し殺して「全体」のためだけに自分自身である「個」の力を使い続けなければならないものでしょうか?

 

みんながみんなハキハキシテいたり、口が達者だったり、容姿に自信があったり、目立ちたいと思っているわけではありません。

 

全ての人が自分のやりたいことをやれる権利はあるはずです。

ハキハキしているわけでもなく、口も達者でもなく、容姿に自信もなく、目立ちたいとも思わない人が、やりたいことをやっていくにはどうしたらいいのでしょう?

 

しばし、私の昔話にお付き合いください。

 

私なんかは、ゆとり世代と言われ、就活では売り手市場と言われた時でした。

 

今でもそうかもしれませんが、当時は新入社員は3年続かないと言われていました。

 

 

私もその一人で、会社の形態や方針が変わったことをきっかけに新卒で入った会社を約1年半で辞めてしまいました。

 

「出る杭打たれる」で育ったにもかかわらず、

 

私は、大学のキャリア支援セミナーなどを受ける中で、「自分の絶対の強みが何だか分からない。でも会社に埋もれたくない。社会に自分の存在意義を見出したい。」と思っていました。

 

とある会社の面接を受けました。

 

集団面接で、私のほかにも女子大生が3人いました。

長所を聞かれた時、一人の女の子は「笑顔です。」と自信満々に答えていました。

 

 

面接官は四角いメガネで、長めの髪を整髪料でパリッと決めたどこか人に満ちた男性と、物静かそうでいとことも喋らない書記しかしない方の2人でした。

 

 

私は、「ゆくゆくは私にしかできない仕事がしたいです。」と言いました。

 

 

その発言にメガネの面接官はやたらと反応し、

 

「ということはさぁ、〇〇さんが休んだらその仕事は回らないってことだよね?どうするの?」

「〇〇部長!〇〇チーフ!ってことだよねーー笑笑笑!!!!」

 

と、何度説明してもまた突き詰められました。

 

いわゆる圧迫面接だったのかもしれませんし、面接官の求める人物像とはかけ離れた私のことが気に入らなかったのかもしれません。

 

 

当時はまだ若くてビジネスのイロハもコミュニケーション能力が何なのかもよく分からない状態でしたから、自分の気持ち伝える能力があまりにも乏しかったのです。

 

この会社とは当然ご縁はなく、落ちましたが特に後悔もしていません。

 

 

 

この会社は、当時大学で取得した資格を生かせる仕事だったので受けたのですが、面接開始早々に、面接官は

 

「うちの会社ではみんながやりたいと思っているであろうことは出来ないよ。それでも大丈夫?現場出てもらうよ。」

 

と言っていました。

 

 

恐らく私は顔にも出ていたでしょう。

 

 

一緒に受けた他の女の子たちはそれこそ笑顔で「大丈夫です。大丈夫です。」と答えていました。

 

内心「なわけないだろ!!」と思っていました(笑)

 

 

今となっては落ちてよかったなーと思います。

 

 

私は新卒で入った会社を1年半で辞めたとお話しましたが、もしこの会社に入社していたらそれよりもっと早く辞めていたことと思います。

 

きっと、面接官に歯向かったりしなかった、長所が笑顔の女の子や、やりたい仕事が出来なくても大丈夫と笑顔で答えていた女の子は受かっていたのではないでしょうか?

 

残念ですけど、会社や社会ってそんなものかもしれません。

 

 

確かに、キラキラした前向きなことや優しさは大事です。

 

でもそればっかりで、いつも人に道を譲りやりたいことが出来ないのは、いや、やりたいことが出来ないならまだいい方で、やりたくないことをやらなけらばならないとなると、それはもう苦痛でしょう。

理想が何だかわからなくてもただハッキリと、今が理想の姿、なりたかった姿ではないことくらいは分かります。

 

だから、これからは「全体」のことは考えず、自分のことだけ考えて人のことは蹴落としてでも自分に有益になるように行きましょうと言っているわけでは決してありません。

というか、どんな場合でも、利己主義になったら終わりです。あくまで「全体」のために価値を与えるという意識は絶対に捨ててはいけません。

 

 

過去の私のような悩みがある方なら、これからも自分の居場所を求めて転職を繰り返しても遠回りになるだけなんじゃないかと思います。

 

遠回りしてもなりたい自分になり、やりたいことが出来るのならいいかもしれませんが、時間は有限ですよね。

 

若くて一晩中遊び歩いた日々とは何かが絶対的に違うのではないでしょうか?

 

お子さんがいたり、旦那さんがいたり、体も時間も自由にならなかったり、そのかけがえのないものを手にした分、責任が重くプレッシャーに感じるものです。

 

自分の存在意義を見出せなくても、それでも頑張っているあなたは絶対的に美しいのです。

 

そして強いのです。

 

自分の好きなことを出来るようにする

 

自分の存在意義を見いだせない理由は自分の好きなことをしていないからです。

 

好きじゃないけど得意だし、回りから評価されるし、報酬も出るからやっている、というだけでもまだ不十分でしょう。

 

自分が好きで、かつ得意なことをやらない限り、存在意義は見いだせないのです。

 

たとえ、頼りにされているとか、必要とされていると感じても、そこに苦しさが伴い、楽しさが伴わないのなら、いくら報酬を得て生活に非自由しなくても心が満たされることはないでしょう。

 

 

会社の中に、社会の中に自分が好きで得意でかつ、生活に事欠かないほどの報酬がもらえる仕事がないなら、自分で立ち上げればいいのです。

 

「自分には無理だ…」

 

一瞬でもそう思われた方がいるかもしれませんが、やることは言うほど難しくはないです。

 

続けるのが難しいのかもしれません。

 

でもそれって何でもそうですよね?

 

ダイエットも日記も禁煙も、続けられないから達成できないわけであってやること自体はシンプルです。

 

自由に使える時間や体がないからこそ、将来的に自分の代わりに生活費を稼いでくれるコンテンツたちを今、あなたの手で生み出していくのです。

 

それももちろん、

あなたの「好き」「得意」で「需要がある」もので生み出していけば、あなたはやりたいことをしながら生活費を生み出す仕組みを作り上げることが出来、その仕組みが出来上がったら、さらに自分のやりたかったことがもっともっと出来るようになっていくのです。

 

違和感を感じているのはあなたが変わりたい証拠です。

 

変えたいと思っている証拠です。

 

その感情に素直になって行動してみたら案外やりたいことは出来るようになります。

パソコンがほこりをかぶってしまっているくらい忙しく働きすぎている方こそ、そのパソコンを開けば自分の存在意義は見いだせるのに…と思ってしまいます。

 

-ネットビジネス, 現代の資本主義社会で暮らしていく中での悩み, マインドセット
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「楽したい!」そんな人がすべき2つのこと

こんにちは、芳賀です。 「楽したい!」これは、口にする人は少ないかもしれませんが、人間である以上みんな程度は違えど、誰もが持っている感情です。 今回は、「楽したい!」とき、正しい楽の仕方についてお話し …

「○才までには〇〇したいなあー」じゃ叶わない理由

こんにちは、芳賀です。 今回は、余裕を持たせた期間の設定より、余裕のない短い設定期間の方が断然夢は叶いやすいですよ!というお話をしていきます。   目次1 なぜ今じゃダメなのか?なぜハッキリ …

今ある人脈を切り捨てる前にすべきこと

こんにちは、芳賀です。 「あーもうこの人たちにはうんざり!」 「あーこの人無理だわー」 学校、会社、友だち、お子さんがいる方ならお子さんの友だちやお子さんの属するコミュニティでの人脈。 みなさんどうし …

「あなたの当り前は他人の当たり前ではない」だから発信していくというスタンス

こんにちは、芳賀です。 ネットビジネスしていてもママや主婦は、子育てや家事が基本にありますね。   子育て中の方、片手しか空いていない、数分しか空いていない、こんな時でもスマホって手に取りや …

欲しいものを手に入れるために支払わなければならない代価をあなたは出せますか?

こんにちは芳賀です。   今回は、あのベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の中で触れられている、何かを手に入れるために支払わなければならない、”代価”について、私のフィルターを通してお伝え …

【アフィリエイトで経済的・身体的・精神的・時間的余裕を手に入れてストレスマネジメントしていきましょう】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村