負の感情の消化方法 アフィリエイトで自立するために

応援したくなる人と応援したくならない人の違いはどこにある?

投稿日:2017年5月26日 更新日:

こんにちは、芳賀です。

今回は応援したくなる人と、応援したくならない人の差についてお話していきたいと思います。

応援されると個人の力がより発揮される

運動会、近年は写真や動画の撮影が手軽に行えることもあり、拍手が減っているそうです。

我が子の通う園でも、「拍手が少ない」「声援が少ない」運動会も業者のみが撮影して販売するスタイルに変えようか?という意見が出ています。

そうは言っても、記憶にも残したいし、記録にも残したい、この便利な時代だからこそ、生まれた親心でもありますよね。

 

松岡修造さんが言っていましたが、応援があるのとないのとでは全然違うそうです。

自分のどこにこんなパワーがあったのか?というほど、思いがけない力を発揮できるそうです。

追い込まれているときも、力がみなぎってくるそうです。

試合の流れ、勝敗に大きく影響するらしいです。

 

団体戦なら、個人の力だけではなくチームとして光っていたら応援されますよね。

 

でも、個人だったらどうでしょうか?

 

あなたには、応援したい、または応援している人がいますか?

 

例えば、モデルさん、俳優さん、スポーツ選手、歌手、芸人さん、政治家、友だち…その人の顔が思い浮かんだことと思います。

 

また、この人は応援したくないな、鼻につくな、生理的に受け付けられないな、この人はどうでもいいよ…と思う人たちも何人かいませんか?

さて、この、応援したくなる人と、応援したくない人の差は何だと思いますか?

応援したくなる人 応援したくない人
真剣に取り組んでいる人 不真面目な人
笑顔がまぶしい人 無表情な人
朗らかな人 文句ばっかりの人
悪口を言わない人 悪口を言う人
素直な人 ひねくれている人
前向きな人 ネガティブな人
好きなことを楽しそうにやっている人 とにかく楽しくなさそうな人
優しい人 ケチな人
人のことも応援する人 我が強い人
低姿勢な人 天狗になる人

応援したくなる人は、人を引き付ける物モノを持っていますね。

ネットビジネスにおいては、特に顔出しせずに行うビジネスモデルだと特に、応援してもらわなければ、ビジネスが立ち行きません。

 

個人戦だからこそ、応援してもらわなければならないのです。

 

応援されるから、覚えてもらえる、検索してもらえる、見てもらえる、読んでもらえる、迷ってもらえる、(いつの間にか)買ってもらえている、また来てもらえる…こういった無限ループを引き起こさなければネットビジネスで自立するのは難しいです。

応援したくなる人と応援したくない人の差は”好きなことをしているかしていないか”

好きなことをとことん追求して、楽しそうにやっている方はたとえ興味がなくても、憎めないものですよね。

 

例えば、おさかな大好きなさかなクンは、クレイジーなほどお魚を愛していますよね。

お魚を語るときの、あのキラキラした瞳や体中から好きがあふれている感じがとてもすてきだと思います。

お魚苦手でも、少し興味が持てたりしますよね?

しかもさかなクンは、好きを追求した結果、大学の先生にもなっていますよね。

 

 

好きこそものの上手なれで、好きだからこそ、本気になれます。

好きだからこそ、成果が出なくても、迷宮に迷い込んでも諦めないでやり抜くことが出来るのです。

 

好きなことを本気で頑張っている人のことは、誰もが応援したくなります。

 

好きなことをしていないと、心が満たされません。

心が満たされないことは表情や態度、立ち居振る舞い、生き方にダイレクトに現れます。

隠そうと思っても隠しきれるものでもありません。

 

好きなことをしている、好きなことをしようとしている状態は、自分の好きなことなアンテナを張っている状態です。

 

ですので、どんどん好きなことがついてきます。

どんどん好きなことが出来るようになっていきます。

だからこそモチベーションも下がることなく上がります。

笑顔も途絶えることがありません。

 

やりたくないことをやっている人は最初こそ、よく頑張っているね、尊敬するよ、偉いね、と労ってもらえたり、応援してくれる人はいるかもしれません。

でも、やりたくないことをやっている人は、当然満たされていないので、不平不満がたまっていきます。

 

それはやがて表面に滲み出て、負のオーラをまとうようになります。

 

爆発しそうなもののそばに好き好んで近寄る人はいませんよね?

普通、身の危険を感じて逃げていきます。。。

 

よって応援してくれる人はいなくなります。

ネガティブ感情は紙に出して声に出さない

 

応援したくなる人は、好きなことをしている人です。

 

応援したくない人は嫌いなことをして、かつ、顔つきも言動も不平不満ばかりのネガティブな人です。

 

この時代、今すぐにやりたいことをやれるわけではありません。

 

今、やりたくないことをやっていたとしても、可能な限り、ネガティブ発言、ネガティブ表情、大変さ自慢は封印しましょう。

 

そうは言っても、マイナスな感情を見て見ないふりをしてどんな時でも引きつった笑顔で頑張りますなんて言っても、それこそ無理なんですよね。

不安や恐れや怒りや妬みや焦りといったマイナスな感情があることも当たり前のことで、これらマイナスの感情があるからこそ、人って向上していけるんだと思います。

 

これらマイナスの感情がないということは、単純に幸せで満たされているのかもしれませんが、それって、ずっとその守られた安泰のベールの中でしか成立しないと思います。

そのベールに包まれた空間がどれだけ広くどれだけ長いかわかりませんが、そこにずっととどまっている、つまり、向上しない、成長しないままということだと私は思います。

 

もちろん、マイナスの感情を感じて、ネガティブな思いを態度や声に出しまくったところで、何も行動しなければそれもまた向上しません

 

そういったネガティブな感情を吐き出すなら紙に書き出してください。

 

口に出したり誰かにぶちまけるのは得策ではありません。

 

ネガティブな感情には自分の中で片をつけるように意識してみてください。

 

せっかく、マイナスな感情を感じることが出来たなら、まず自分自身がそれと向き合って消化していく。

そこからまた頑張ろうとリスタートしていけばいいんです。

 

好きなことをやれていなくても、文句を言わずに、自分の力で、そのときの自分の最大限の力で、好きなことをやれるようになろう!と頑張る人に応援してくれる人が現れます。

応援したくなる人になるということは、ネットビジネスでも成功していけるということです。

ネットという繋がりの中で、いかに人から覚えてもらって、検索してもらって、見てもらって、読んでもらって、成約を取っていくのか?

ネットの繋がりの中でこそ、人から応援される能力を高めていきましょう。

こちらの本も参考にしてみてください。

マル秘・人脈活用術

 

 

 

-負の感情の消化方法, アフィリエイトで自立するために
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

知識を増やしていかなければ自分で稼ぐという最終目標は達成できない

こんにちは芳賀です。 前回、潜在意識の使い方についてお話しましたが、潜在意識を変えても、いくら目標設定しても、なかなか稼げないのは、初心者を抜け出せないのは、 ”知識量”によって大きく左右される、とい …

3つの情報タイプ。情報の発信方法を間違えてませんか?

こんにちは芳賀です。 「どんな情報を発信していけばいいのか分からない」 または、 「とにかくたくさんの情報を発信すればいいんでしょ!」 そんな方へ今回は情報の3つのタイプについてお話していきます。 & …

自分が貧乏かどうかなんて関係ない。稼ぎたかったら金持ちを研究すべし

こんにちは、芳賀です。 今回はお金持ちになりたいなら、貧乏の研究は即刻やめるべき理由をお話していきます。 まず、貧乏の研究とは何か? どういうことから説明していきますね。 目次1  貧乏研究の成果は貧 …

ブログ開設!記事投稿!集客が先か?コンテンツの充実が先か?

こんにちは、芳賀です。 「アフィリエイトするなら、YouTubeで稼ぎたいなら、とにかく人の目に留まらないといけない!だからSNSなどでどんどん集客していかなきゃだめだ!」 という風に思っていませんか …

読書が苦手な人が本からネットビジネスに使えるノウハウをインプットする方法

こんにちは、芳賀です。今回はインプット手段としては鉄板の読書の仕方についてです。 特に、分厚い本や漫画や小説じゃないと読めないような、むしろそういったジャンルすらNGの読書が苦手な人に向けた、本からの …

【アフィリエイトで経済的・身体的・精神的・時間的余裕を手に入れてストレスマネジメントしていきましょう】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村